ピアノリサイタルに行ってみませんか。

楽しく学ぶバレエクラス・初級クラスのMちゃん・基礎クラスKくんのお母さまは、ピアニストの柘植亜矢子さんです。

今日、レッスンの時にリサイタルのチラシを持ってきてくれました。

行きたい方は、柘植さん本人、または椋木バレエアカデミーにご連絡ください。

「キャラクターダンス」ほかの、出張レッスンいたします!

当アカデミーでは、「キャラクターダンス」「ヒストリカルダンス」「児童のためのバレエリトミック」の出張レッスンをお受けしています。(ペルミワガノワメソッド)

クラシックバレエの全幕物は、クラシックバレエが6割、キャラクターダンスが3割、ヒストリカルダンスが1割、その他お芝居とマイムで構成されています。

「キャラクターダンス」・・・ロシア、スペイン、ハンガリー(チャルダッシュ)、マズルカ(ポーランド)、タランテラ(イタリア)、東洋(アラビア)、ジプシー、ウクライナ

「ヒストリカルダンス」(歴史的民俗舞踊)・・・ポロネーズ、ポルカ、ワルツ、ワルツ・ミニオン、ワルツ・ガボット、パ・ドゥ・カトル、パ・ドゥ・グラース、カドリール、ジグ、シャコンヌ、パ・ドゥ・トロワなど、さまざまな時代を舞台上で芸術的に表現する踊りです。

「児童のためのバレエリトミック」・・・ヒストリカルダンスやキャラクターダンスのエレメントを含んだ踊りで、リズムと音楽表現を学びます。主に5歳~9歳の児童向け。

 

「ロシアバレエメソッド」(通称ペルミワガノワメソッド)の指導法を正式・公的に修得した教師がクラスを担当します。

1クラス90分授業料・・ 都内10000円(交通費込み)*神奈川・埼玉・千葉 12000)

2クラス(90分×2)・・都内18000円(交通費込み)*神奈川・埼玉・千葉 20000)

 

 

 

 

 

 

検定ビジタークラスの生徒さんとパチリ!

昨年12月29日から始まった「ロシアバレエメソッドによる舞踊検定・ビジタークラス」の生徒さんと、椋木バレエアカデミーの検定クラスの生徒さんで記念撮影(*^▽^*)

「バレリーナになりたい」「ロシアのバレエ学校に留学したい」「バレエの先生になりたい」など、それぞれが夢に向かっている8人。

その夢を叶えるために、学年課題を勉強し検定(進級試験)へのチャレンジを志す同志たちです。

みんな~、夢に向かってGO!!だね。

Kちゃんの感想文「第1学年の検定をうけて」

1月の5日と6日に第1学年の検定を受けました。

ものすごく緊張していて、1日目の5日には緊張しているという事も分からないほど緊張していました。

空気も張りつめた感じがして、その空気も緊張してしまった理由の一つだと思います。

環境の変化によってもいつも通りに踊れなくなってしまうので、どんな状態でも踊れるようにしなくてはいけないと思いました。

もし、緊張してしまっても顔にも踊りにもそれを出さないようにしたいです。

6日も緊張はしていましたが、できる事をやるしかないという気持ちで踊りました。そのためか、5日よりも良くできたと思います。気持ちの持ち方で踊りはかなり変わるという事が分かったので、今後に生かしたいと思います。

今回いっしょに検定を受けた他の教室の生徒さん達と少し仲良くなれました。また、講習会などで会いたいです。

検定はコンクールと違い、長い時間見られているので、集中力が大切だと思いました。今回は集中することが出来て良かったです。

検定を受けて、改めて基本の大切さが良く分かりました。これからもこの1年生課題をしっかりできるようにしたいです。

次の検定では、落ち着いていつも通りのことをして、悔いを少しも残すことがないようにすることを目標にして練習します。

K・Y

 

椋木補足:Kちゃんは、第1学年課題に合格したので、次回は第2学年課題に進みます。第1学年課題については、サーティフィケイトが与えられ、ロシア3大国立バレエ学校の第1学年修了レベルとして考慮されます。

ロシア国立ペルミバレエ学校・学校公演のプログラム

ロシア国立ペルミバレエ学校に留学中の晃太朗くん、冬休みで一時帰国しています。

11月に行われた学校公演のプログラムを持って帰ってきてくれました。

今回の公演は、「ラ・フィーユ・マルガルデ」全幕。

こーちゃんは、男性主役のコーラスの友人役です。5日間すべての公演に出してもらえたそうです。素晴らしい!

日本のセンスじゃないですね~

さすが、バレエ芸術の国・ロシア!!

日本のプログラムのサイズは、B5やA4が多いけれど

これは新書判くらい。

右ページに、こーちゃんの名前を発見!!

ホントだー

コーラスの友人のところに名前がある。

 

舞踊検定 結果

1月5~6日に行われた「ロシアバレエメソッドによる舞踊検定」第1学年課題、第2学年課題の検定の結果が発表されました。

今回の第1学年課題の受検者は、小4~6年生の4名。

Kちゃんは、その中で1番の成績で見事に合格!

Kちゃん! おめでとうございます!

検定ビジタークラス 始まりました!

ロシアバレエメソッドによる舞踊検定ビジタークラス

 

12月29日、第1学年課題のレッスンがスタートしました!

在籍数・・・4名(MIKIバレエスタジオ・中野幹子先生からお預かりしている生徒さん)

残席数・・・4名

毎週土曜日 16:15~17:15    大泉ノートルスタジオ

 

第1回 ロシアバレエメソッドによる舞踊検定 終了

2019年1月5~6日に行われた「ロシアバレエメソッドによる舞踊検定」が終了しました。

今回は「クラシック第1学年課題」と「クラシック第2学年課題」の検定が行われました。

椋木バレエアカデミーからは、「検定クラス」と「楽しく学ぶバレエクラス(初級)」を受講しているKちゃんがチャレンジしました。

検定は2日間行われ、1日目はロシア国立ペルミバレエ学校の芸術監督であるタルスツーヒン教授による検定のためのリハーサルが行われました。リハーサル後は、受検者それぞれがタルスツーヒン教授からの指摘された注意点と改善点を練習し、翌日の検定本番に備えました。

2日目は、検定が行われ9名の審査員による評価が行われました。

合否は、約1週間後に通知されます。

初日は緊張でガチガチだったKちゃん。 教師の私もどうなることやらと心配していましたが、受検本番は、落ち着いていつも通りできたように見えました。

 

検定後に、審査委員長のタルスツーヒン教授、シラエバ教授とフォトセッション。

受検した子供たちのホッとした笑顔が微笑ましかったです。

(内心は成績が気になってるかもしれないけれど・・・)

みんな本当によく頑張りました!  お疲れさまでした!

 

 

 

 

初詣

地元の氷川神社に初詣に行って来ました。

2019年、良い年になりますように・・・

中吉って(^.^)初めて引きました。

私は、昔から4に縁があると思っていました。で、最近は1が大好きです。

携帯番号の下4桁を選んだ時も「1144」をリクエスト。「1144」は・・・今は昔、高校受験のときの受験番号なんです(^-^)

あの時から、ずーっと気になっているナンバー。

今日引いたおみくじ、「41」番!   ほらー! ほらほら!!  「4」と「1」

2019年! きてるーーーーーーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ